実は危険?カマグラゴールドの通販事情

通販でしか買えない、安くて便利なカマグラゴールド
魅力的だからこそ、購入には細心の注意が必要なんです。
顔の見えない相手から薬を買う(しかも海外から!)ことのリスクを正しく知っていなければ、通販のメリットは活かせません。

カマグラゴールドの通販に際して、知っておくべき危険性をピックアップしました。
怖さを認識して危機を回避する方法を身につければ、通販だって危なくはない!

個人輸入のルール・何が起きても自己責任

個人輸入は自己責任で行なう

カマグラゴールドの通販=個人輸入ということは、「本物のカマグラゴールドが買えるのは通販だけ!?」のページで述べていますが、輸入者自身が自己の責任において使用することという前提があります。

つまり、
・購入したカマグラゴールドが偽物だったとしても、誰に対しても責任を問うことができない
・購入したカマグラゴールドによって重い副作用が起こったとしても、救済制度の対象外

ということ。

国内で流通している医薬品によって入院治療が必要な副作用や日常生活に支障をきたす障害を生じた場合には、医薬品副作用被害救済制度による給付金が受けられます。

しかし自己責任で行なう個人輸入によって健康を害したら、そのあとの処置に必要な費用は自己負担。
カマグラゴールドがどんな成分でできていて、どんな副作用の可能性をもっているかを十分に把握したうえで通販を利用しないとどれだけ恐ろしい結果になることか・・。

偽物の可能性アリ!海外通販の危険

通販=偽物というイメージはあながち間違ってはいません。
海外で広まっているED治療薬のなかには、粗悪品が存在するのも事実。

充実したセックスのためにカマグラゴールドを買ったはずが、効かなかったら意味はない!
偽造薬のリスクと向き合い、本物を手に入れるための方法をしっかり押さえておきましょう。

ネットで買えるED治療薬の40%が不良品

ED治療薬の大手製薬会社4社が合同で行なった調査では、ネットで入手できるED治療薬のおよそ40%が偽物だという結果に。

お金を払って買った商品が偽物だなんて許せることではありませんが、何よりも怖いのは身体に悪い成分が混入しているかもしれないということ。

偽造薬は、費用をかけずに作って儲けることが目的。

日本の衛生基準では考えられないような汚い環境で製造
有効成分がまったく入っていない
むしろ異物や禁止薬物が混入している

など、ありえない商品がカマグラゴールドとして流通している可能性があるのです。

こんな薬を飲んだとして、肝心なときに勃たないだけではなく取り返しのつかない健康被害を生じることも・・。

本物のカマグラゴールドを服用するためには、偽物を見抜くポイントをおさえておくことです。

届いた商品がホンモノかどうかは、外箱に貼られたシールが判断材料のひとつ。

カマグラゴールドの外箱

正規のカマグラゴールドは、箱にホログラムのシールが貼られています
シールがついていないのは論外ですが、シールがあってもまだ安心できません。

シールがホログラムであるか?
ホログラムの中にAjanta(社名)と書かれているか?

がチェックポイント。
少しでも怪しいと思ったら、そのカマグラゴールドを飲むのは諦めるのがベターです。

通販サイト選びの大切さ

偽物の見分け方はわかりましたが、はじめから本物が届けばもっと安心ですよね。

安全に飲めるカマグラゴールドを買うためには、正規品を販売している通販サイトを利用すること。
信用できる個人代行サイトを選ぶことが、カマグラゴールドの通販における最重要ポイントなんです。

具体的にどんなサイトならOKなのか、以下にリストアップしました。
自分の身は自分で守るためにも、注文前にはかならず確認!

1、運営期間が長い
2、サイト運営者の情報を明記している
3、電話のサポート窓口がある
4、クレジットカードでの支払いが可能
5、ユーザーからの評判が高い
6、個人情報取扱や利用規約について記載がある
7、サイトのセキュリティー管理がしっかりしている

1、長く運営できているということは、それだけたくさんの人が利用しているということ。
サイトとの大きなトラブルが起きていないのはもちろん、購入した薬が正しい効果を発揮していることの表れでもあります。

2、インターネット上で商売をするためには、特定商取引といって会社概要を公開するきまりがあります。
代表者名や所在地、連絡先、事業内容について記載されているか、かならず目を通してください。

3、なかなか商品が届かない、届いた商品が明らかな粗悪品だった、といった問い合わせにきっちりと対応してくれるサイトでなければ不安です。
メール対応のサイトは多いですが、プラス電話でのサポート体制があると信頼性はかなりアップ!

4、銀行振込・コンビニ払いのみというサイトよりも、カードOKの方がおすすめ。
これはクレジット機能の導入前に、カード会社から事業者に対して厳しい審査が行なわれるから。
カード会社が信用できると判断したサイトなら、より安心です。

5、ツイッターや掲示板などのSNSにはぜひ目を通してみてください。
対応が悪かった、ここで買った薬は効かなかった、質問に丁寧に答えてくれた、など実際の口コミは必見。

6、トラブル防止のためにも利用規約の存在は大切。
また注文時には個人情報を提供しますが、その取扱についても共通認識を提示してくれなければ不安になってしまいます。

7、サイトのURLに注目。通常、http://・・ではじまりますが、個人情報を扱う通販サイトはhttps://・・・で始まっていると信用度高め。S(Secure・セキュアの意味)がついていることでサイトに鍵をかけている状態になり、情報流出を防いでくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする